AKM | エイケイエム まとめサイト

AKM(エイケイエム)に関する情報サイト

L/S CREW

今回はロングTシャツです。
とてもシンプルな一本です。

こういう服ってついついユニクロでいいじゃんって思ってしまいますし、私もそうしてましたが、ファッションって追求していくと、サイズ感と生地感に落ち着いたりします。
レディースはまったくそんなことないですが、メンズってそもそも、あまりデザイン性を重視しないので、流行によるばらつきが少ないって言うのがその理由ですよね。

ジャニーズのイケメンの俳優がフリルのついたフリフリの可愛いポロシャツを着ていたとして、世の中の男性陣がそれに全員なびかないのかという話で、もちろん着こなしてしまう人も沢山いらっしゃいますので、一概に特殊なデザインが無いとは言いきれませんけど、大まかにと受け取っていただけましたらと思います。

個人的にはカラースパッツが流行したときはすごいなぁって思いました。
短かったですが、皆なんだか着こなしていましたねぇ・・・。
あのときばかりは、ジャニーズ顔に生まれたかったと一瞬思いましたが、スパッツの流行は思ったよりずっと短かったですね。

さて、話題を戻しますが、このロングTシャツの商品説明があったのですが、
「厚手であるにもかかわらず、キックバックの効いた生地で素晴らしい」といったような
書き方がされていますが、8割の人がなんのことやらだと思うのです。

キックバックとは弾性のことを言います。
要は、伸ばした生地がどれだけしっかりもとの形に戻るかということです。

例に漏れず、選び抜かれた生地がこのロングTシャツで表現したかったのは、その弾力性というわけです。

弾力性があると何が素晴らしいかというと、身体に添うというところです。
しつこいかもしれませんが、サイズ感っていうのはそれだけ大事なんですね。
とりわけTシャツっていうジャンルでは特に。

サイズにあってないとピッチピチで(それはそれで男らしくて格好良かったりもするんですけど、それはTPOとか考えないといけないので、今回はシンプルにサイズ感のお話をさせていただきます) 大人が子供の服を着ているように見えたり、ガバガバだと、不潔に見えたり、体形のガリガリのラインが逆に際立って、弱そうに見えたりするのです。

体形が細いのが嫌だから大き目を着ていますという方は、一度サイズがぴったりなものをお試し下さい。意外と綺麗にきれるものですよ。

この話に関連して、このロングTシャツを押すわけではないですが、このサイズ感をぴたっとあわせてくれるのがこの弾力性というわけです。

ただ、太い糸を使っていて、服全体に編み模様が出るようなデザインになっています。
なので、カジュアルの中でも優しさや暖かさのイメージが出るデザインだといえます。
もちろん着る人によって、その服から引き出されるイメージはかなり変わりますが、
単純な綿のロングTシャツより、服のイメージが強いので、上着など重ね着する場合はもう1つ考えないといけませんね。

今回は単純に単品のメンズのロングTシャツとして考察しましたが、本当に素晴らしいクオリティにまとまっていると感じました。

-AKMの商品情報